読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年易酔學難成

酒に交われば朱くなる

prototype.jsのせいでJSON.stringifyが使えない。

d.hatena.ne.jp
2016年も四半期が過ぎ去ろうとしているなか、今更この事象に遭遇した。

私が仕事で使っているframework様はprototype.js ver1.6.0.3をお使いになられていて、
prototype.jsをバージョンアップしてはならないとのお達しがあった。
加えて私はExcel方眼紙を駆使する毎日にも疲れており、たまにはコードを書きたい。

ということでObject#toJSONを使わないstringifyを書いた。

var stringify = function (target) {
    // replacerに対応するかしないか迷い中
    var type = typeof target;
    var cannotStringify = '';
    var isArray = Array.isArray;
    var stringifiedElems, keys;

    if (type === 'string') {
        return '"' + target + '"';
    } else if (type === 'number') {
        return '' + target;
    } else if (type === 'boolean') {
        return '' + target;
    } else if (target === null) {
        return '' + target;
    } else if (isArray(target)) {
        // prototype.jsのreduceはECMAのreduceとは互換性がないので
        // prototype.jsに汚染されていないreduceRightを使用する
        stringifiedElems = target.reduceRight(function (acc, e) {
            var stringifiedVal = stringify(e);
            if (stringifiedVal === cannotStringify) {
                return acc;
            } else {
                return [stringifiedVal].concat(acc);
            }
        }, []).join(',');
        return '[' + stringifiedElems + ']';
    } else if (type === 'object' && target !== null && !isArray(target)) {
        keys = Object.keys(target);
        // Object#toJSONなしで全てのオブジェクトに対応するのは難しいので
        // 基本的なオブジェクトのみ対応する。
        if (target instanceof String) {
            return stringify('' + target);
        } else if (target instanceof Number) {
            return stringify(+target);
        } else if (target instanceof Boolean) {
            return stringify(!!target);
        } else if (target instanceof Date) {
            return stringify(target.toISOString());
        } else {
            // prototype.jsのreduceはECMAのreduceとは互換性がないので
            // prototype.jsに汚染されていないreduceRightを使用する
            stringifiedElems = keys.reduceRight(function (acc, k) {
                var stringifiedVal = stringify(target[k]);
                if (stringifiedVal === cannotStringify || !target.hasOwnProperty(k)) {
                    return acc;
                } else {
                    return [stringify(k) + ':' + stringifiedVal].concat(acc);
                }
            }, []).join(',');
            return '{' + stringifiedElems + '}';
        }
    } else {
        return cannotStringify;
    }
};

ブログで書くほど大した処理ではないが、他に書くネタも無いし、指摘とか貰えると嬉しいので一応公開。

[追記]
完璧に対応するのは手間かかるので無理とはいえ、
最低でもStringオブジェクトなど基本的なオブジェクトは対応すべきでした。
replacerは後日対応するかもしれないし、しないかもしれない。
少なくとも仕事上は使われる気配はない。